_F4A2654.jpg

「守成クラブ」とは

2002年、創設者伊藤小一(いとうこいち)氏が、「商工にっぽん」の読者を集めてセミナーを開始。
商売に直結して、即効性のある経営者同士の会を企画、「守成クラブ」として札幌にてスタート。
中小零細企業の経営者が集まり、商談をするための経営者クラブ。

2022年7月現在、北は北海道、南は沖縄まで全国222会場・約21,000社が参加しています。

ビジネスのために集まる会であり、講演や講座、飲食を目的とする会ではありません。

ー 名前の由来 ー

創業は易し、守成なり難し

「貞観政要」という中国の書物から引用した「創業守成」(守成は創業より難し)、同時に「先祖の完成した事業を受け継いで守っていく」とする守成(史記)の言の2つを基に伊藤小一創設者が命名しました。

_F4A3620.jpg
_F4A1539.jpg

ー 理念 ー

一人はみんなのために、みんなは一人のために

守成クラブは「かけがえのない会社を潰してはならない」この一点を貫き運営されている商売交流の全国組織です。単なる異業種交流とは違い、「商売繁盛」を前面に打ち出し、「本音で自社をPRし、互いに商売(実利)に徹して売上を伸ばす」ことを第一の目的としています。

ー 異業種交流会との違い ー

会社のトップが一堂に会する「即決商談会」

参加資格にある通り、守成クラブは中小企業経営者及び、それに準ずる方で構成されています。即ち、即決の会といっても過言ではありません。毎月1度の例会に、各会員が売りたい、買いたいを持ち寄ることで、より効率の良い商談会を実現しています。毎回大勢の参加者が集い、求める業種・物・人がそこにある。このチャンスを逃す選択肢は経営者にはありえません。

_F4A3329.jpg

守成クラブへのご入会は、会員の紹介が必要です。 

 詳しくは、「入会のご案内」をご覧ください。